Yukarijpeg-0377.jpg

Yukari Iwatani Kane is a veteran journalist with more than fifteen years of experience.

As a staff writer for The Wall Street Journal in San Francisco, she covered Apple during the last years of Steve Jobs’ reign. She was best known for her in-depth analysis and scoops, among which included the news about Steve Jobs’ liver transplant. Her stories have run the gamut—from the off-beat and hilarious piece on a fifteen-year old iPhone hacker to a story on iPad couture that became the subject of a Stephen Colbert rant. In 2011, she was named as a Gerald Loeb Award finalist as part of a WSJ team for a series on Internet privacy.

She left WSJ in 2013 to work on her book Haunted Empire (Harpers Business), a prescient analysis of what happens to a company like Apple when it loses an iconic visionary like Steve Jobs. The book, which was based on over 200 interviews across three continents, drew attention from around the world and was translated into seven languages. Its main point—that Apple would never be the same and would lose its innovative edge—was so controversial at the time that Apple fans flooded Amazon with one star reviews in the first hours after publication, and the company’s CEO Tim Cook made an unprecedented comment, calling it “nonsense.” Walter Isaacson, author of Steve Jobs, deemed it “one of the most important business stories of our time.” The New York Times described it as “well-reported” and “confidently written.”

Before covering Apple, Kane was a correspondent in Tokyo, first for Reuters and then for WSJ. She started her career at U.S. News and World Report.

An accomplished public speaker, Kane has appeared on PBS NewsHour, CNBC, and Bloomberg TV, as well as many radio stations and podcasts. She has also participated on panels and on-stage interviews in English and Japanese.
 
Kane lives in San Francisco, where she is a member of the San Francisco Writers’ Grotto. Her freelance work has appeared in WSJ, The New Yorker, Craftsmanship Magazine and The MIT Technology Review, as well as a handful of Japanese business publications such as Nikkei Business. She also writes a regular column about life in America for Courrier Japon and is a frequent contributor to the Things to Write About writing book series, a collaboration between Chronicle Books and the Grotto. In between her own work, she teaches at University of California, Berkeley’s Graduate School of Journalism and San Quentin News, the country’s only inmate-run newspaper, where she is also an advisor. When she is not working, she and her husband are constantly on the hunt for good food and drink, even if they have to travel for it.  Her essay about a ski trip in Japan was recently published in The Best Women’s Travel Writing, Vol. 11. Her six-word memoir was also included in Six Words Fresh Off the Boat: Stories of Immigration, Identity, and Coming to America.
 

 

ケイン岩谷ゆかり
Yukari Iwatani Kane

 

ビジネス・テクノロジー業界担当ジャーナリスト/元ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)・アップル担当記者としてスティーブ・ジョブスの肝臓移植など数々のスクープを出すとともに、15歳の少年によるIPhoneハッキング、IPad文化等、多岐に渡るテクノロジー関連の記事を掲載。2011年、インターネット上のプライバシーに関するシリーズの取材チームの一員としてGerald Loeb Awardのファイナリストにノミネートされる。

2013年、本の執筆のためWSJを退職。その後、アメリカ・ハーパーズ・ビジネス社よりHaunted Empire: Apple After Steve Jobs を出版。日本では日経BP出版より「沈みゆく帝国:スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるか」という題名で出版。スティーブ・ジョブズのような象徴的リーダーを失った会社の行方をテーマに200人以上に及ぶ関係者からのインタビューを元に執筆された本は7ヶ国語に翻訳され、世界中で出版される。時のアップル社CEOのティム・クックがこの本の発行日初日に「ナンセンス」と前代未聞のコメントをするほど物議を醸したが、「スティーブ・ジョブズ」の作者ウォルター・アイザックソンは「この時代のもっとも重要なビジネスストーリーの一つである」と述べ、NYタイムズ誌も「力強い自信に満ちたレポート」と批評するなど、高評価を受ける。

PBS, CNBC, Bloomberg TV など、テレビ・ラジオでのスピーカーとして、パネルディスカッションへの出席等、日英両語による出演も数多い。

現在、クーリエ・ ジャポンにコラム「アメリカの生活」を連載中。また、クロニクル社とWriter’s Grottoとのコラボによる ”Things to Write About” にも寄稿。

サンフランシスコ在住、WSJ、New Yorker.com、Craftsmanship Magazine、The MIT Technology Reviewなどとともに、日経ビジネス、週刊ダイヤモンドなど日本の出版物にも幅広く執筆。現在は二冊目の本に取り掛かっている。

執筆業と同時に、カリフォルニア大学バークレー校大学院のジャーナリズム学科講師、アメリカ唯一の受刑者による新聞、”San Quentin News” にてアドバイザーとして従事。余暇における趣味は夫とともに美味しいもの、お酒を楽しむこと、時にはそれらを求めて旅をする。北海道でのスキー旅行のエッセイは  “The Best Women’s Travel Writing, Vol. 11に掲載。

1974年東京生まれ。父の海外勤務により3歳から10歳までシカゴ、ニュージャージー、その後日本に帰国、4年の滞在の後14歳で再び家族とともにメリーランドに転居、現在に至るまでアメリカ在住。ジョージタウン大学外交学部(School of Foreign Service)卒業。3年次に上智大学に逆留学。
そのジャーナリストとしての経歴は15年以上に及ぶ。アメリカのニュースマガジンU.S. News and World Report に始まりロイターのワシントン支局、サンフランシスコ支局、シカゴ支局で勤務後、2003年末に特派員として東京支局に配属される。2006年にウォール・ストリート・ジャーナルへ転職後東京特派員としてテクノロジー業界を担当、2008年にサンフランシスコに配属、アップル社担当等。