Apple vs Samsung, A Patent Battle Without an End (In Japanese)

アップルとサムスンの争いは小説にでもなるかのような幾多のドラマを生み出してきた。アップルがサムスンを訴えたのは2011年4月。サムスンがアップルの革新的な技術や傑出したユーザーインターフェース、エレガントで卓越した商品やパッケージデザインを卑屈なまでに模倣していると主張したのだ。サムスンは即座に反訴した。両社は供給関係――サムスンはアップルにプロセッサやメモリーチップを供給――にあるため、外見上はていねいな態度を装っていただけではなく、そちらの関係を崩さないよう、両社が気をつけていた。しかし、1年以内に、2社が相手を10ヵ国16の裁判所で50件以上も訴訟を起こしたことで、とげとげしさが全面戦争にエスカレートしていった。